古着を売る時のお役立ち情報

古着を少しでも高く売る方法とは

古着を売りたいが、どこでへ持って行けば良いのか

タンスやクローゼットの中にどんどん溜まって行く古着。
サイズが合わなくなったり、トレンドに合わなくなったり、買ったけれど着る機会がなく放置したままになったりと事情はさまざまですが、古着の処分に頭を悩ませている人は少なくないのではないでしょうか。
思い切って処分すれば良いのですが、ブランド品など高額の古着はなかなか決心がつかないものです。

また、安い価格帯のファストファッションであっても「まだ着れるかもしれない」とタンスの中でいつまでも眠らせている、ということもありますね。
「1年以上着る事がない洋服は、その後も着る機会が殆どない。」というのが現実だそうです。
古着として売る場合、少しでも新しいうちに売るのが、高く売るためのコツのひとつです。
保存状態が悪いと、タンスの中に仕舞っている間に洋服はどんどん劣化してしまいます。
色やデザインが流行から大きくかけ離れてしまうと服としての価値も下がります。
特に婦人服のトレンドは、1~2年で変化します。

とは言え、いざ売ろうと思っても、どこで売ったら良いのか、いくらで売れるのか、そもそも自分の持っている古着が売れるのだろうか、など戸惑うことが多いですね。
ご安心ください。
ここでは、そんなあなたの疑問に少しでもお役に立てる情報をお伝えします。
具体的には、・古着を換金するにはどんな方法があるか・用途に合った業者の選び方・少しでも高く売るためのコツ、の3つのポイントに絞ってまとめてみました。

TOPへ戻る