古着を売る時のお役立ち情報

>

古着を少しでも高く売るために知っておきたい事

古着を換金するにはどんな方法があるのか

「店頭買取」リサイクルショップや古着屋の店頭に売りたい古着を持参する方法です。
その場で査定してくれて、査定金額を受け取ることができます。
「宅配買取」買取業者から送られてきた段ボールに品物を詰めて送るだけなので、最も簡単な方法です。
送料は買取業者が負担するシステムで、集荷についても自宅まで受け取りに来てくれます。
「インターネットオークションに出品する」
ヤフーや楽天などのサイトでオークションにかけるという方法です。
サイトに出品して最も高値を付けた人に落札する方法なので高値で売れる可能性もあります。
デメリットは、出品の手続き、梱包、発送などの手間がかかり、詐欺に合うリスクもあるので不慣れな場合は注意が必要です。
「フリーマーケットに出店する」所定の手続きを踏んで出店します。
出店するには100円~1000円の費用が必要です。

売りたい古着はどんなグレードなのか

自分が売りたい古着はどの程度のグレードなのかにより売る方法が異なります。
ブランド品やノンブランドなどの高級品なのか、またはユニクロ・しまむらなどのファストファッションなのかによって、売り方の選択肢が異なります。
例えば、業者により買取の対象商品が、ブランド品のみであったり、ブランド品の中でも指定された一部のブランド限定であったりする場合が多くあります。
ユニクロなどのファストファッションの商品を買い取ってくれる業者の中には、現在では取り扱いの対象外になっている業者もあります。
自分が売りたい古着が業者の買い取り対象外の場合は、「量り売り」という方法があります。
リサイクルショップに持ち込んだ場合、量り売りだと1キログラム/10円~100円がおよその相場です。
品物の状態や種類などにより帽子1個5円、背広1着100円という査定額がつく場合もあります。
または、引き取りを拒否されるようなケースもあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る